アクセスランキング

プロフィール

フォトアルバム

mayumi-0722

長年、看護師生活をしてきましたが、 今は、母専属の看護師です。 興味は、宇宙・・心の世界・・ 心の働き・・などです。

Powered by Six Apart
ジオグラフィック

フォトアルバム

日記 Feed

2018年2月 4日 (日)

野良猫さんも懸命に生きています🐱

 今日も 雪が降りました

 

P2046744  今朝から 雪が降っています

 雪は 瞬く間に積もって鳥さん達を困らせていますが

 野良の猫さん達も懸命に生きています

 今日は朝から大雪が降ったので

 雀さん達には

 玄関のポーチにエサを置いていました

 夕方に見ると

 雪の中に猫さんの足跡がありました

 「雪の中を食べに来たんだ!」・・と

 生命が生きる!という事の懸命さを感じました

 私達が学ぶべきは? 

 愛とは?

 野良猫さん達が懸命に生きる姿を見ると

 涙が出ました

       mayumi

2018年1月24日 (水)

雪・・です

 先程 大雪が降り

 瞬く間に あたり一面が 真っ白になりました

 

P1246703  テラスを見ると

 猫さんのカリカリが だいぶ減っていたので

 雪降る中を どの猫さんが来たのか?と思い

 見に行きますと

 床下に置いてあるダンボールの箱の中に

 ボス猫のクロちゃんが入っていました

 多くの猫さんを追い払い

 シマちゃんも追い出したクロちゃん・・

 でも

 クロちゃんも 懸命に生きていると思いますと

 追い払う気にはなれないです

 クロちゃんも 優しさを求めているのだと思い・・

              mayumi

2018年1月23日 (火)

シマちゃんの行方

 今日の午前中に

 玄関の戸を 少し開けて網戸にしている所から

 ボス猫の クロちゃんが家の中を見ていました

 この時にハッキリと感じたのです

 ”シマちゃんはクロちゃんに追い払われた!”と・・

 

P5174114  そして シマちゃんは

 近所の奥様が行っておられる筑豊ハイツに

 頭の毛がかなり薄くなった姿で

 野良猫さん達に交じって食事をして

 何処かへ行ったそうです

 ここの野良猫さん達は15~16匹居るそうで

 奥様達が 世話をしておられます

 「シマちゃんが、ここに居つくかどうかは分から

  ないけど・・」と言われるので

 「行ってみたいです、居つくようで 来るように

  なったら、教えて下さいね」と言いました

 

 シマちゃんは、ミャアやコダラちゃんや

 シロミちゃん達のように

 やはり クロちゃんに追い払われた可能性が

 強い・・と思いました

 でも 今日 網戸の向こうから中を見る

 クロちゃんの姿は

 「僕も 同じように愛して!僕にも!」・・と

 訴えているようでなりませんでした

 今も テラスには

 餌を置き クロちゃん達が食べれる様に

 しています

 クロちゃんを 追い払う心にはなれないです

 ただ 兄弟姉妹達が 私達と共に

 温かい愛の中で 楽しく分かち合って

 生きている姿を 心から思いました

              mayumi

 

2018年1月22日 (月)

居なくなった シマちゃん

 シマちゃんが突然居なくなって10日位になります

 下の写真は、私の布団に自由にゴロンしている

 シマちゃんです。

 

Pb156567  シマちゃんが来ると、玄関の戸を少し開けて

 網戸にしている所から「ニャア~ ニャア~」と鳴き

 中に入れてくれと言います

 入れてあげると 自由に中を動いたり

 食事をしたりしていました。

 入るのも 出るのも自由でした。

 夜は、いつも私の右横で寝ていました。

 その シマちゃんが、突然来なくなりました。

 具合が悪くなったのでは?と思ったりして

 探したのですが 逢えませんでした。

 そして、

 最近の明け方、

 網戸の向こうにシマちゃんの姿が見えたのです。

 (これは、現実にではなく、脳裏に明確に映りました)

 次の日の明け方、

 「来た!」・・という言葉を感受しました。

 この時は、”シマちゃんの心が、帰って来たんだ!”

 と思いました。

 今でも、玄関の戸を少し開けて網戸にしています。

 

 すると今日の明け方 言葉を感受したのです

 「ほどほどに」「胸がいっぱい」「玄関はなしに」・・

 内なる意識からの言葉でしょう!

 ”もう いいではないですか?心がそれに占められて

  いっぱいです。”

 心に 余裕がない程・・・

 それでも シマちゃんを待ちたい私・・・

                mayumi

 

 

2018年1月10日 (水)

シマちゃん・・雀さん

 一昨日の朝 シマちゃんは

 食事を済ませて 外へ出て 少しすると

 何かを咥えて家に入り 居間にさーっと行きました

 そして

 居間に入ると 咥えていたものを置きました

 見ると  それは 雀さんでした(ノ∀`)アチャー

 この時は 雀さんはまだ生きていましたので

 丁度 掃除の手伝いに来ておられた方と話して

 納戸に行き 寝る入れ物と食事と水を置きました

 雀さんの体調が良くなっても

 小さな入れ物の中では

 「飛べなくなる」という事でしたから

 納戸では 蓋をしないで自由に開けていました

 これが良かったのか?何なのか?

 雀さんが飛ぶのを2回見ましたが

 それっきり 姿を見ません

 納戸の物の間等に入られると

 私には どうも出来ない感じで・・

 困ってしまいました

 「チュチュツ・チュチュツ・」と鳴きまねをすると

 一度だけ  チュン・と聞こえましたので

 隅の方で生きているようです

 雀さん🐦

 早く元気になって仲間の雀さんの所に

 戻ろうね🐦

 出来るだけの事をするからね(。・ω・。)ノ♡

            mayumi

 

2018年1月 3日 (水)

あけまして おめでとうございます💚

お久しぶりです

何だか忙しくしている内に新年が訪れました

本当にご無沙汰いたしました<m(__)m>

Pb216577 上の写真は  野良猫の  シマちゃんです🐱

去年の春に 野良の痩せた三毛猫が子を三匹連れて

食事に来るようになり

シマちゃんは オスだったせいか

母親が 早くに 放しました

その後も シマちゃんは自分一人で来るようになり

私に懐いて 家の中に入るようになりました

Pc266623 今では 夜は 私の横で眠り  起きると 外へ出ています

写真は 塀の上で外を見ているシマちゃんです(笑)

簡単ですが  最近の状況です

みなさま  楽しい一年を

お過ごしくださいね🌸°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°🌸

             mayumi

2017年2月 1日 (水)

幼い頃の 思い出と・・ペルちゃん

  ペルちゃんとは 何故か最初から違和感や壁を感じない

  ペルちゃんも すんなりと馴染んでいる

  野良猫さんに 餌をあげるのはしていたが

  家の中で飼う事は初めてなので 分からないのだけど

  なんか私もペルちゃんも

  ずっと以前から一緒に居たような感覚がある

  ペルちゃんは 2日目の夜から

  私の布団に来て一緒に寝ている・・ 

P1185358   写真は 最近のペルちゃんです

  幼い頃の思い出・・とは・・

  私が2~3歳の頃の 無くなった祖母との会話の事

  当時 私は猫さんと遊んでいたのだけど

  急に その猫さんが居なくなり 淋しくて・・

  庭で 洗濯物を干していた祖母に 尋ねた

 私「ばあちゃん、猫が居なくなった!猫は何処行った?」

祖母「猫は、もう 遠い所に行ったからおらんよ!」

  その後、私も成長し看護師になったが

  ある日、母に、幼い頃の祖母との会話を話したら

 母「うちは、猫なんか飼った事は 一度もない!」と言った

 私「じゃあ、小さい時に遊んだ猫は?祖母ちゃんが言った

   言葉は?私の記憶は?あれは何?」と言った・・

  父が 感性の強い人だったので 祖母も同じで

  祖母は 私が現実に形のない猫さんと遊んでいる事を視て・・

  その゛猫”さんを私が視ないように

  何かしたのではないか?・・と思った

  以来、祖母は 何処へ行くにも いつも私を連れて歩いた

  ペルちゃんが ずっと以前から一緒に居たように

  私に懐いてくれるので 幼い当時を思い出しました🌸

  取り留めない話でした

      感謝を込めて

                  mayumi

  

   

  

2017年1月25日 (水)

今朝の感受・・

  今朝がた・・言葉を感受・・

 魂「飼うかどうか・・・まだ、生きている」・・と

  私は ハッ!と思った  「これは、コダラちゃんの事だ!」って 

Pb195065   上の写真は ある朝  突然居なくなったコダラちゃんです

  居なくなる前に、ペロン太が来ていたのです

  また  裏の奥様が” 庭で猫さんが争っていて1匹の猫は

  血を出していた”・・と、

  知らなかったです

  コダラちゃんは、うちに戻ろうとしていたらしいです

 私「ハイ、飼います、家の中で・・どうにかしたいです」

  と、思いを返事しました

  どうなるか・・分かりませんが・・・

  このような・・・

  争いの 意識状態が 早く無くなり

  生命の兄弟姉妹達と共に  慈しみ合って

  過ごせるように と心から願います

  多分  私達は

  もう  争う心から 愛から物事を始める心へ

  自分を 転換する時が来ているのだと思います

  自分と 子孫と 自然の環境と地球の未来へ

  「愛から 進め!」・・と 魂は教えました

  触れ合う  生命の兄弟達の 倖せを願って

   愛と感謝を込めて

                 mayumi

  

  

  

2017年1月19日 (木)

ペルちゃん

  一昨日の午後  買い物から戻り

  窓から何気にテラスの床下を見ると知らない猫さんが居ました

  コダラちゃんの横に置いていた箱に入っていました 

P1175351   上の写真です

  生粋の野良さんなら 私を見るとすぐ逃げていましたが

  この猫さんは じっと私を見ていました

  そのまま 様子を見て

  夕方になり 雨戸を閉めると 尚 見つめています

  外へ出てテラスへ行き 床下を見ると

  ニャア~!ニャア~!と鳴いて私に寄ってきました

  抱き上げると 寒さと空腹と怖さや不安の混じった感じで

  腕の中で  ブルブルと震えていました

  着ていた綿入れで 包み込むように抱いて

  家の中へ入りました

  すぐ近所の 詳しい奥様に来ていただきました

奥様「まあ!こんなにガリガリに痩せて・・首輪をしているから

   飼い猫が 捨てられたのかも知れない!首輪を外して  

   上げて!見て 首を!」 首には傷がありました

  そして私に しきりにスリスリを繰り返していました

奥様「きっと ”お願い!お願い!”って言ってるのね!」

  私は 抱き上げました 猫さんは逃げません

奥様「暫くは  夜も鳴くかも知れないけど我慢してあげて!」

P1175353_2   家には コダラちゃんに準備していたハウスがありました

  夜はそこで寝ましたが 鳴くことは全くありませんでした

  寒さの中で 食べ物や寝る場所等を見つける工夫は

  出来なかったでしょうし  さぞ 辛かったでしょう!

  次の日(昨日)

  なんか ホッとしたのか  穏やかでした

  唯 朝食に カリカリを上げると

  ニャ~~!ギャア~~!と激しく鳴いて 癇癪寸前でした

  私”どうすりゃいいのよ!分からない!エイクソッ!”って

  思いましたが  柔らかいゼリー状の魚を上げたら

  スーッと静かになり すんなり食べ始めました(笑)

  ”そうだったのか!”

 ” 私は、あなたの好みは 分からなかったね・・”

  お昼は殆んど 私のベッドの上に居ました

P1185359   そして 夜は 私の布団の上に上がりそこで一晩中寝ていました

  寒いだろうから、綿入れを 上から掛けてあげました

  今日、気づいたのですが

  そういえば  あんなに痛んでいた腰痛が 嘘のように

  痛まないのです

  コルセットも 昨日からしていません

  思えば、自然の生き物の 喜ぶ心のエネルギーは

  高い波動を持つそうですから

  私は 偶然と言え 自身で 体験したのですね!

  生き物と愛の心で 共に生きる事は

  自然に 地球に 自分自身に

  良い影響をもたらすのですね❣

P1195360   今日も ベッドを占領している猫さんの名は

  「ペルちゃん」と呼んでいます

  ペルちゃん  あなたと一緒に寝て 腰痛が良くなりました

  ペルちゃんと過ごす縁があったのですね💚

  (人''▽`)ありがとう☆ペルちゃん💚

  そして いらっしゃいペルちゃん💚

  素晴らしい兄弟に出会いました💚°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°❀💚

   愛と感謝を込めて

               mayumi

  

  

  

  

  

 

 

2017年1月12日 (木)

ナメクジさんをみて・・

  今日  夜になり 外を通ってテラスに行きました

  すると  テラスの床下にナメクジさんが1匹

  テラスに上ろうとしていました

  ”これから カリカリを食べに上にあがるのか!” と思うと・・

  柱に添い 上がる姿を想像して ”可哀想だな!”と思い

  上のカリカリを幾つかつまんで ナメクジさんの

  頭の所に置きました

  今 行ってみると

  ナメクジさんが 頭の 小さな突起で カリカリを

  一つ挟んで 床下の中へ運んでいる姿を見ました

  

  この所  夜にテラスに行き ナメクジさんに

  声をかけていました  それは

  「ナメちゃん 寒いのに懸命に上がって来て大変ね!」って

  いつも  カリカリの所まで来ると

  その傍で 丸くなって休んでいる姿を見るのです

  だから 生きて行こうとするその姿に 心を打たれて

  「ナメちゃん!沢山食べ!」・・と言っていました

  本来 生命に 優劣等あるのか?

  生命の事を 理解していないのは私だった!・・と

  母なる地球は  自分の身に生まれし生命をわが子と

  愛しんでいるのではないか?

  それなら

  ナメクジさんも 私の 兄弟なんだ・・って

  生命を 真心で 理解するって 素晴らしい!と思う

  母なる地球が持つ  愛の心と一体になれるから

   愛と感謝を込めて

                  mayumi