アクセスランキング

プロフィール

フォトアルバム

mayumi-0722

長年、看護師生活をしてきましたが、 今は、母専属の看護師です。 興味は、宇宙・・心の世界・・ 心の働き・・などです。

Powered by Six Apart
ジオグラフィック

フォトアルバム

2018年10月29日 (月)

優しカラスさん

 こんにちは!

 今日 お昼前でした

 カラスさんが ”カア カアカア”と鳴いたので

 窓から そっと庭を見ますと 優しカラスさんでした

P1225377

 このカラスさんは 食事に来た時には

 ”食べに来たよ!”って 教えてくれます

 朝 置いた ちぎりパンは 少し硬くなっているので

 横に置いているバケツの水につけて

 柔らかくして 沈まない内に食べています

 (うまい事をしますねえ👏)

 それでは 今日はこれにて失礼します<m(__)m>

          mayumi

 

2018年10月18日 (木)

すずめ蜂さん・・2

 朝 起きてみますと

 すずめ蜂さんは 寿命を終えていました

 

Pa187044

 亡きがらを 蝶さん達が眠っている

 庭の一角の場所に埋めてあげました

 ”ここは 兄弟達が居るので 淋しくないよ!”って

 

 ここに来る すずめ蜂さんは

 いつも攻撃をしてくる事はありません

 でも 今回のように

 家の中を目指して 一生懸命に来る

 蜂さんは 初めてです

 何か・・波長を・・

 感じ取っているのか??と思いました

 そして

 これからの 自分が進む方向性を

 見たような気がしました

 もう

 私達は 魂の心を

 魂が持つ神の心を

 愛の心を 大切に 生きてゆく時なのだ!・・と

 感じました

 「はっちゃん!」ありがとう!」

 感謝です<m(__)m>

           mayumi

2018年10月17日 (水)

すずめ蜂さん

今日の 日暮れ時の事です

この時 私は 忙しく 庭と家の中を出入りしてて

心は 自分が今 している事で精一杯でした

その中で 庭の 山茶花の木の近くの

通路に 1匹の雀蜂さんが居るのに気づきました

門の付近を もう飛ぶ事が出来なくなった

雀蜂さんが 何処かへ行こうとして

懸命に這っていました

もう飛ぶ事が出来ない蜂さんが

何処へ行こうとしているのか?

この時は 分からないし

興味もありませんでした

私も バタバタして・・どのくらい過ぎたでしょうか・・

あたりは もう日暮れていました

ただ 玄関の明かりはついていました

見ると 蜂さんは

ポーチに上がっていて

玄関に向かって進んでいました

そして

玄関の戸へ届くばかりでした

私は

何故蜂さんが 家に入ろうとしているのか?

分からないですが

唯 残り少ない生命を

何故か 必死に 家に向かって来た事を思うと

心を込めて 迎えようと思いました

新聞紙にペーパータオルを敷き

蜂さんをつまんで 乗せて

上から 金網をかぶせて玄関に置きました

Pa177040

そして 一段落して

蜂さんに語りかけました

”雀のはっちゃん!来てくれてありがとうね!

 はっちゃんが安らかに逝けるように

 歌ってあげる”

真心こめて 「天然の美」を歌いました

神の元では 等しき生命の兄弟姉妹のはっちゃん!

うちには猫さんも居ますので

金網をかぶせましたが

本当は 自由にさせてあげたかったです

きっと 意識の繋がりが

通じるものが あり

本来の私たちの姿を

教えられたのではないか❣

と感じました

         mayumi

2018年9月23日 (日)

夢うつつ・で

 今朝 夜明け前の事です

 いつの間にか 目覚めかけていたようで

 気づくと

 私の前の 少し離れた所に ”私” が居ました

 ”私”は こちらを向いていて

 右斜め下方を 見ているようでした

 その”私”の表情は 静かで 優し気で

 温かなイメージでした

 私は ”私”を じっと見ていましたが

 私の心に ”私”から 伝わって来るものがありました

 それは 「愛の心で見て 感じて 受け止め 行なう」

 "私”は 全身で そうして生きているようでした

 これは 魂が 私に そのようなあり方を

 見せてくれている?? と感じました

 もう

 私自身が 変わる時なのだ! と思いました

 そして

 目の前に 既に 変わった "私自身”がいるのです

 私は 魂と私自身を信頼しよう!と思います

Pa134851

  今朝の体験と 感じた事を そのまま表現しました

 この体験を 心にとどめて 生きて行こうと思います

 感謝を込めて💚(^。^)y-.。o○💚

                mayumi

 

 

2018年9月12日 (水)

カラスさんの 心・・

 今朝のことです。

 カラスさんの鳴き声が「カア!カア!カア!」と、

 3回 聞こえるので 外に出ますと、

 カラスさんが 庭から飛び立って行きました。

P7064362_2

 見ると 庭に置いていた ちぎりパンが 少なくなっていました。

 食べたので 「食べたよ!ありがとう!」と 鳴いたのですね💚

 このカラスさんは 「優しカラスさん」・・で、

 雀さんに エサがない時には、

 やはり「カア!カア!カア!」と鳴いてあげます。

 エサを置くと、自分は 雀さんが食べ終わるまで、

 上で 待っています。

 

 こんな優しいカラスさんとのふれ合いは、

 わたしの心を 優しく包んでくれます。

 私には 生命の兄弟姉妹に思えるのです💚

 こんな付き合いが出来る事は 倖せで嬉しい日々です

 それでは 今日はこれにて 失礼します<m(__)m>

              mayumi

 

 

2018年8月31日 (金)

ペルちゃんとのふれ合い

 今朝の事です🌸

朝起きると ペルちゃんは 台所に行きました

私も 台所に行くと

ペルちゃんが ゆったりと 横たわっていました

P2175570

その ペルちゃんの背中を 暫く撫でるのがいつもの事です

今朝も いつもの様に 撫でていますと

ペルちゃんの声のイメージがありました

「急がないで・・ゆっくりとね・・楽しくね・・」

少し驚きましたが 理解出来ました

この所 ずっと 多忙で 精一杯でした

このイメージは

いつも一緒にいる ペルちゃんの魂が

私に語り掛けたのではないか?

と 感じました

P2195593_2

最も 私自身の心の声でもありましょうが

ペルちゃんとの触れ合いの中で

次に動くのを 暫く待ち

ペルちゃんが私に 好き好きの頬ずりをして

私が ナデナデのお返しをしながら

感じる イメージでもあります

それでは 今日は これにて失礼します

           mayumi

2018年8月28日 (火)

妹の事・・シマちゃんが戻って来ました❣

ほんとうに お久しぶりです<m(__)m>

これまで 独り暮らしをしていた妹に

援助していましたが

心臓が弱り うちに引き取って

母と三人で生活をしていましたが

妹は 生命を全うして 去って行きました

葬儀の時

妹の写真を見ていると

妹の姿が 清浄な 澄んだイメージに

変わって行くのが分りました

妹は 自分の人生を全うしていったのだと

感じました

話は変わりますが

今年の1月に ボス猫のクロちゃんに追われて

居なくなっていたシマちゃんが

最近 また うちに来るようになりました

P8096977_3

 上の写真は 最近 また来るようになったシマちゃんです

今のシマちゃんは

うちに食事に来ていますが

暫くすると 何処かへ帰っていきます

でも まだボス猫のクロちゃんが

時々来るので

用心をしているのだろうと思いますが

これまで かなりつらい生活だったようで

私にも 用心しているようです

Pb156567_2

上の写真は 居なくなる前のシマちゃんです

野良猫のシマちゃんは

外が好きで 自由に出入りしていました

今は 私にも前のように打ち解けてはいないですが

ゆっくりと 時間をかけて

戻って行こうと思います

辛かったのね シマちゃん🐱

心が戻るのをまつからね💚

大好きなシマちゃん🐱

           mayumi

2018年3月21日 (水)

今朝の体験・・

 朝  5時半頃 ウトウトしている時・・

 歌が聴こえてきました。

 「泣くな よしよし 寝んねしな 山の鴉が

  鳴いたとて 泣いちゃいけない

  寝んねしな・・・」と ここまで 感受しました。

 私は、” 何処かで聴いた歌・・国定忠治???” と

 調べてみると 「赤城の子守歌」でした。

 ”赤城”・・群馬県は、私の知り合いの

 ご主人の故郷でした。

 そのご主人は、今は 癌になって

 福岡で入院中です。

 朝起きた時は、その事を思い、

 ”ご主人は、故郷を思い 心で 泣いておられる”

 と思いました。

 ご主人は、家族との縁を絶ち、ブラジルに行かれました。

 そして、また 日本に戻られましたが、

 故郷に戻られる事は ありませんでした。

 ・・・そして今日の午後です・・

 私には辛い 苦しい事がありました。

 唯 真心で・・その人を思い していた心が・・

 相手に 届きませんでした。

 悲しかったです。

 涙が出ました。

 

 この体験で 私と そのご主人の ゛泣く”という

 重なりを思いました。

 そして、どちらも

 自分が 決心した事の結果を体験している・・

 という事を 思いました。

 そして もう一つ・・

 自分は 温かい 優しい心で回りを

 見つめ 感じるという事の必要性と

 大切さを 実感しました。

 ご主人と 私の体験には 関係はありませんが、

 ”決心した事の結果” には違いないと思いました。

 

 大切な事は、最後に感じた

 ”周囲を 愛の心で 優しい愛の心で感じて受け止める”

 事だと思いました。

 今回の体験を 大切に思っています。 

              mayumi

 

 

 

2018年2月26日 (月)

狸さん (2)

 最初の狸さん・・

 昨夜に テラスの床下を見ると

 狸さんが、今は 居なくなった猫さんが入っていた

 箱の中で寝ていた

 朝方には 居なくなったが、

 暫くして、もう1匹の狸さんを連れて来て

 猫さんに置いているカリカリを

 一緒に食べていた

 

P2206778  2匹目の狸さんが去ると、写真の狸さんは

 又、床下の箱に入り じっとしている

 身体を休めるように・・・

 2匹目の狸さんは、自分からはうちには来ない!

 写真の狸さんの縄張りと思っているの?

 写真の狸さんを「タヌちゃん」と呼んでいるが

 まだ 親しくはなっていないので

 様子を見ている、

 タヌちゃんは 優しいので

 みんなと 仲良くやれると思う🐱🐦・・・

                  mayumi

2018年2月24日 (土)

狸さん・・・

 お久しぶりです!

 最近、庭に狸さんが来るようになっています。

 

P2206778

P2246781

P2246784  最初の写真・・

 狸さんは、最初 一匹できていました。

 次の日に見ると

 狸さんの毛は 背中と尻尾だけで

   無惨・・ 地肌で痛々しい姿でした

 それでも 雀さんに置いたちぎりパンの残りを

 懸命に食べている姿が 心に残りました

 私を見て 逃げて行きながら

 途中で振り返って私を見たその眼が 

 とても 愛らしかったです。

 2枚目と3枚目の写真・・

 狸さんの 懸命に生きて行こうとする姿に

 心を打たれて 最初の狸さんに

 昨夕 猫さんの潰し魚を持って行き

 「ホラ ホラ これをお食べ・」というと

 綺麗に食べて 去って行きました。

 すると 今日のお昼に

 もう1匹の狸さんと2匹で来ていました

 その狸さんは 毛はあまり抜けてはいませんでしたが

 左側の腹部の傷が酷く

 表皮が破れている部分がある様でした。

 それでも 2匹で ちぎりパンや カリカリを食べて

 去って行きました

 

 治療に連れて行けたら・・と思うも

 まだ 数日の間柄の私達です。

 この辺には イタチさんや 猫さんが来ますが

 食べ物を 得る為の 動物さん達の世界は

 とても厳しいものを まざまざと見ました

 

 きっと!きっと!

 この母なる地球に生きる 私達兄弟姉妹が

 分かち合い 楽しく過ごす時が

 もうそこまで来ている!と信じます!

 タヌちゃん!頑張ろうね!頑張ろうね!

                mayumi