アクセスランキング

プロフィール

フォトアルバム

mayumi-0722

長年、看護師生活をしてきましたが、 今は、母専属の看護師です。 興味は、宇宙・・心の世界・・ 心の働き・・などです。

Powered by Six Apart
ジオグラフィック

フォトアルバム

« 2015年11月 | メイン | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月 2日 (土)

野良猫ミャア

  あけましておめでとうございます‼

  ご無沙汰していました

  みなさま、佳い新年を迎えられましたか?

  私は、大きな変化はありませんが、

  相変わらず、意識的な体験は続いています。

  聴こえるそれらの意識的な言葉を、

  全て理解できませんが、

  すぐに知ろう・・という考えはありません。

  時々「なるほど」という感受はあります。

  今回は、

  今、うちのテラスに寝泊まりしている、

  野良猫の「ミャア」について書こうと思います。

  ミャア・・

  今、一匹の猫さんが、テラスに来ています。

  この猫さんは、だいぶ前から夜に来ては、コッペパンを

  咥えて持って行っていました。

  丁度、前回の記事のあと位に、猫さんに変化があったようで、

  夜しか来なかった猫さんが、

  その日は、夜にパンを取りに来なくて

  次の朝にテラスに来て、

  パンの横にうずくまるようにしていました。

  長い間そうしていました。

  それは、猫さんが、”苦しいよ!”と言っているようでした。

  私は「子猫さんに何かがあった?」と思いましたが、

  生粋の野良さんで、近寄れなくて 見ていました。

  次の日、前回の記事の奥様に尋ねに行きましたら

  ハッポースチロールの箱と毛布を下さり

  やり方を教えて頂きました。

  次の日の夜、

  この猫さんは、その箱の中に入り寝ていました。

  以来、この猫さんは、テラスの箱で寝ています。

  また、子猫さんに何かがあったようですが、

  分かりません。

  今は、寒いので、カイロを入れて温かくしています。

  お昼は、ほとんど外に出ています。

  子猫さんを探しているのか?

  その行動は分かりません。

  

P1023176   上の写真はテラスで食事中のその猫さん「ミャア」です。

  猫さんに声をかける時「ミャア」と言っています(笑)

  ミャアの鼻の先の上側には

  ちいさな穴がポコッと開いています。  

  何かがあったのしょうね。

  ミャアは、仲々懐きませんし恐がりで、逃げます。

  写真は、窓の中からそっと撮りました。

  生命が、軽い気持ちで扱われ

  彼らが苦しんでいる姿を見ていると

  言いようのない辛い気持ちになります。

  母なる地球の・・・

  私たちは、同じ・・尊い生命であります。

  生命同士・・

  慈しみあって生きる事が・・

  母の望み・・

  母の愛・・・

  そう思いますが・・・