アクセスランキング

プロフィール

フォトアルバム

mayumi-0722

長年、看護師生活をしてきましたが、 今は、母専属の看護師です。 興味は、宇宙・・心の世界・・ 心の働き・・などです。

Powered by Six Apart
ジオグラフィック

フォトアルバム

« 2015年3月 | メイン | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月29日 (水)

予定が狂って・・でも、蝶々さんが・・

  今日は、特に予定がないので、

  縁側に置いている「トラノオ」さんを大きな鉢に植え替えようと

  庭に出て準備をしていると、

  黒い大きな紅い模様の蝶々さんがいました。

  私を見て、ヒラヒラとその辺を舞い飛んでいましたので、

  トラノオさんの移植は、様子を見ました。

  蝶々さんは、

  いつも、温州ミカンの木に産卵します。

  そして、夏の間は、

  のうぜんカズラ等の蜜を吸っています。

P7110001   上の写真は、去年のものです。

  のうぜんカズラの蜜を吸っています。

  今年も、その時期が来たのですね。  

  いらっしゃい!・・蝶々さん・・。  

P4291379   この木は、温州ミカンの木です。

  今は、まだ、産卵の兆候はありません。

  南側ですが、日当たりが悪いので、植木屋のおじさんが

  「この木のミカンはあきらめない!」と言いました。

  でも、この木は、蝶々さんの産卵・・幼虫・・等の

  成長が見れます。

  蝶々さんが成蝶した後、 温州ミカンが熟れて、

  鳥さん達の食事になってくれます。

  シロハラさんも来て食べます。

  私には、温かい波動の楽しい温州ミカンの木です。

  

  

  

2015年4月27日 (月)

反省

  前回の記事をアップした後で、言葉を感受しました。

  「前の通りが良い!」・・とです。

  前回の表現は、私の思いでしたが、

  適切ではなかったかも知れません。

  体験した事を・・ありのままに・・あるがままに・・

  そ時の感じや・・思いを・・

  素直に表現する方が良い・・という事で、

  自分の心は、今は表現しない方が良いのかも知れません。

  この感受については、 もう少し考えて見ます。

  記事は、一応、そのままに残します。

  魂のアドバイスには、理由があるでしょう。

  前回の記事で、不快を感じられたら

  申し訳ありません。

      私事でした。  

P4241326   写真は、近くの林道の「野の藤」です。

    感謝を込めて    mayumi

  

  

2015年4月26日 (日)

「波動」・・・思い。

  感情・・思い・・等は、エネルギーを発している。

  私達は、そういったエネルギー波動をかもし出し、

  また、自分達が出したエネルギー波動の中で

  生きている・・という事になる。

  つまり、望むと望まないに関わらず、

  私達は、心や精神・意識や魂等について理解不足な為に、

  結果としては、

  自分が発したエネルギーがもたらす波動の中で、

  喜びや悩みなどに出会い、生きている事になると思う。

  話は変わるが、

  このことについては、今は亡き、ある方が、

  もう数十年前に、既に、

  「思いはエネルギーを持つ」として、

  般若心経により、「病は心の力で治る」・・と

  説いておられた方がいた。

  もう、随分昔の事・・・。

  話を戻して・・

  人の思いが、「類は類を呼ぶ」ということわざがあるように、

  マイナスを発すると、地球上の、そういった類のエネルギーを

  自分に呼び寄せ、物事に出会う事になってしまう。

  つまり、

  私達は、どういう心・精神で過ごした方が

  この宇宙のあり方・・法則に適っているのか???

  幸福・・とは、どういう事なのか?

  多分・・

  一人では、難しい事かも知れないが、

  一人でも多くの人が、愛の光を心に持ち、

  その輪を広げる方が

  宇宙の理に適っている、と思う。

P4241333   写真は、野いちごの花です。

     感謝を込めて・・・・・mayumi

2015年4月 7日 (火)

おもしろい?体験・・・

  3月も終わりに近づいていた頃・・・

  腰椎骨折が、まだ治らない時に、

  神棚にお供えをしようとして、踏み台に乗っていました。

  この時、腰がふらつき、台から落ちて尻餅をつきました。

  その時に、左の後ろ脇腹を、ガン!と打ったのです。

  丁度、肋骨の下の方になります。

  痛みは、腰と左脇腹の2箇所になりました。

  なんか・・泣きっ面に蜂・・で・・何とも言えない・・。

  それでも私は、心をプラスに保つようにしました。

  日にちが少し過ぎて、痛みも少し和らぎ、

  夜に横になり、左脇腹を撫でていました。

  すると、すぐ 「触らないで!」という言葉を感受したのです。

  私は「すみません・・」と謝り、手を離しました(苦笑)。

  この時は、痛みも和らいだので”撫でてもいいだろう!”

  と思ったのですが、

  実際は、自分の感覚よりは、まだ治癒してはいなかった

  のでしょう。 身体は、治癒を続けていたのですね。

  適切な触り方ではなかったのだと思いました。

  これは、

  人は、自分の身体の細胞が語る言葉を「聴く」事が出来る・・

  という、体験ですね。

  私は、たまたま、言葉が聴こえたけれど、

  まだまだ、とても、そういう事は出来ませんが、

  心を謙虚にして、愛の心を持つなら、

  自分の身体に感謝をして、労りの思いを持つなら、

  身体との会話もできるという「希望」を見た思いでした

P4100003   写真は 「白山吹」です。

     感謝を込めて・・   mayumi