アクセスランキング

プロフィール

フォトアルバム

mayumi-0722

長年、看護師生活をしてきましたが、 今は、母専属の看護師です。 興味は、宇宙・・心の世界・・ 心の働き・・などです。

Powered by Six Apart
ジオグラフィック

フォトアルバム

メイン | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月31日 (金)

体験から・・地の叫び!・・・学び

この体験は、2012年4月の事です

夜中に、強烈なぞーっ!とする感覚を身体の右上半身に感じて

飛び起きました

それは強烈で、心臓がブルブルと震え上がるようで・・・

震え上がるようで・・・

私は「いやっ!いやーーーーーっ!助けて!助けて!」

と言いながら飛び起きました

それは、突然の身の毛がよだつ感覚でした

その感覚が、私の中から通り過ぎたのは朝になってでした

あれは夢だったのか?・・そう思いました

でも、やはり現実でした。寝不足の感覚が残っていました

それから、

2~3日した日の朝、通勤中の車の中でハッキリと感じました

あれは”地の叫び!”だったのだ!・・・と

前にも、似たような事があったのです。

それは

家の近くの空き地にある杉の木が切られる数日前の朝

同じような事が起きたのです

自然は生きている!

人の想念を感じている!

そして、恐怖を発している!・・・と

核実験や、自然を破壊する人の生き方を!

地球・・自然・・そして、人が受ける被害と苦しみと恐怖は

いったいどれほどのものか・・・

自然や地球は、私たちの生命を育み

宇宙の仕組みの、父なる神のもとで等しく

私たちは生命だと思う

その存在は、愛にほかならない!

たとえ、人が生きていても

私達は、生きるために自然の力が必要であり

その自然が壊れたら、人もまともではなくなるしかない!

人と自然の、生命のバランスは、とても大切だと思う

たとえ、木の葉一枚でも、

生命の宝・・・

愛しさと慈しみある心で接したいものだと・・・

続きを読む »

2014年1月29日 (水)

1月20日記載の体験について・・追記

1月19日の明け方に聴こえた言葉「感覚の開放」という言葉

私は、その言葉の意味を人にあります「五感」の事と考え解釈

しました。
それに、感覚という表現は実際には広い意味で使われている

事を考えました

たとえば、「あの人の感覚では・・云々・・」「私の感覚の中には

それはない!」・・なんかですね、

そうして考えますと、これは私にとり、心の囚われからの開放

を意味するのですね

私自身が、こうしなければいけない!とかいう

自分を縛り付けているもの・・ですね

なんか、その時だけの事ではなく、長い意味での目標なのだと

思いました

私は思います

振り返ってみますと、私達は色々な人生の中で生きていますが

人としての精神的成長の過程を歩いているのではないかと・・・

私の体験では、そう思えるのです

そして、魂は、自分自身の生命であり、自分自身であり、

その魂は、宇宙に属しており、宇宙の働きの性質を持っている

そしてまた、

自分自身であるが故に、”私”をよく理解しており

学ぶ内容も知っている・・・・と

”私”が学ぶ師は、魂である”私自身”でもあり、

”学びの書”は、

この地球の中には、溢れて存在している・・・とです。

何故なら

「感覚の開放」・・という言葉を、私は知りませんでしたが

調べてみますと、これを教える内容がありました

”私自身”が必要な体験を得させてくれるのですね

    魂に感謝をこめて・・

続きを読む »

2014年1月28日 (火)

魂の体験を振り返って・・

普段の私の心には、日常生活の中で、温泉に行き楽しむ・とか
なんかリラックスするような事を思うのですが
この頃を前後して、そのような事は思わなかったです
というのも、
私自身の魂から「統合する」と教えられ
その後、”わたし”という別の魂が私に入るのですが
それが起こる前に、あるイメージを感受しました
それは、「大和参詣」「博多まで電車で行き、その後飛行機で
行く」・・とです
すぐにわかりました、”わたし”というその人は、比較的私に
近い場所にいて、奈良に行かれる・・のだと
(私も、筑豊に住んでいますので)
この感受をした時、私は、魂が言っていた”統合”は
これからすると、もっと先の話だろう!と思いました
それで、気楽な気分になっていました
それが
感じ方といいますか、考え方や生き方等を360度転換しなけ
ればいけないような体験がいきなり・・ドン!と訪れました

これら、私に訪れた衝撃を、私は必死で受け止めようとし
受け入れようとし、理解しようとしました
これは小説ではないからです
その中で
時々、魂からの短い一言で、私の心は救われました

感じる事は
生命は、男性女性があり、オスメスがあり、雄しべ雌しべ
がありますが、魂にも対の存在があるのだと・・・
人としては、その相手と結ばれる事になるでしょうが
私は、その相手と出会いませんでした
これは、魂のレベルでの結婚ではないか・・と・・・・・・・
なぜなら、魂が”しあわせ!”・・と言ったからです

私は、想像しなかった体験をして
周りと自分を見る見方を考えさせられて
心のあり方を振り返り
生命の尊さを感じさせられました

それでも
やはり、自分の心に根深いエゴを感じています

ここまで、まじめな反省感を書きましたが
やはり、これからもズッコケはある私だと思います
よろしくお願いします

 愛をこめて

続きを読む »

2014年1月27日 (月)

魂の体験(2)

もう一人のわたしと統合してしばらくは変わりない日を過ごしました
(統合・・と書きましたのは、魂が”統合”という表現をしたからです)
でも、その後
それまでの私には考えられないような出来事に出会いました
次々にマイナスの出来事に出会い
心が混乱する中で手探り模索の日々を過ごしましたがとうとう心身がダウン!してしまいました

なんか、徹底的に突き落とされた感じで
私は、谷の底で、これらが過ぎ去るのを待つしかなかった・・・
苦しかった!きつかった!
「もうダメだ!」と感じた時
喉の所(喉仏?)から何かがグルグルッ!と下に下り
その直後、全身の力がスーッと抜けていき
私の生気が抜けてゆくのがわかりました
しばらくの間、この状態で過ごしましたが
「このままでは、私は長くない!」・・と思った時・・・

私の中で湧き上がってくる思いがありました
それは
”生命を賭して学ぶものがある!”という事でした
”私は、この体験を乗り越える事が必要なんだ!”
そう思ったのです
「そこから得るものがある!」という
確信的なイメージでした

それは
今までのような生き方ではなく、これからの生き方を・・・
行いを・・・自覚しなさい!というイメージでした

数日後、私は、空を見ていました
そして
ただただ祈りました
それから数日後、喉に何かがグルグルッ!と戻り
身体に力が(生命力)戻ったのが分かりました
同時に
安らかな澄んだ心と、温かいイメージに包まれました
人を温かい心で受け止めなさい!
気づきなさい!
私の生命そのものである魂は、宇宙そのもの・・・
それ故に
無償の愛で、私がどんなに間違いを犯しても
ずーっと、愛を放っていてくれていた事に気づいたのです

魂の教えには素直でありたい!
誠意ある生き方をしたい!
誰のためにではなく
私自身のために

続きを読む »

2014年1月26日 (日)

魂の体験(1)

生命の不思議・・・
人の一生といいましょうか・・・宇宙の働き・・といいましょうか

それらの事は、私の能力では測る事ができません人には、時として、予測できないことに出会う事があります

それは、2012年の夏の事です
ある朝、ウトウトしていた時
「統合の・・統合されたわたし・・」という言葉が聴こえ私は
「それは、どういう事ですか?」・・と魂に問いましたすると「もう一人のわたし」
という言葉が聴こえました
驚きました
まさか、今の今まで”私がもう一人”いるとは考えた事もなかったので
色んなことが脳裏に浮かんで混乱しました

そうして、数日が過ぎた朝
魂から「不安に思う事はない!」という言葉が聴こえました
なんか、ホッ!としたのを覚えています
これまでも、魂の言葉を聴いて
過ごして来ましたので
魂の言葉を信じています

それから約一ヶ月くらい過ぎた朝
午前4時頃に目覚めて

お手洗いに行き、ベッドに戻りウトウトしていますと
突然、”ドン!”・・と何かが私に突き当たって来て
そのまま、私の下腹部(子宮)に収まりました

この事には、もちろん、形が見える訳ではありません

ただ、私には違和感があり、懸命に「般若心経」をとなえました
ですが、その内に
子供の泣き声や、夫らしい男性の”わたし”を呼ぶ声が聴こえました

私には魂が、先に言っていた「統合」と言うものが
この事なのだとわかりました
魂が
「不安に思う事はない!」と言っていましたので
私は、ただ魂を信頼していましたが
この後
予測出来ない色々な事に出会うことになりました

でも、思い返すと
それらの体験は、私が魂と強く結びつく道程でもありました

今日はこの辺で・・・

愛をこめて

続きを読む »

話は変わりますが・・「母ったら!」

今朝のPM2.5の値を母に言いますと

母「今日は、カーテンを開けまい!」

と言って部屋の中を薄暗くしました

私「え~~っ?いやあ~、カーテンは開けてよ!」

と言いますと

母「だってね、下の家も雨戸を開けてないから!」

私「・・・・・・」

ほんとに、そうなんです

私が西にあります”龍王山”を見て、PM2.5の濃いさを計るように

他の家族も同じなのかな?と感じました

続きを読む »

2014年1月25日 (土)

おもいで(2)

こんにちは

突然、観えたり聴こえたりするようになり
私の心は、感受する事に、自分の心が
関心や驚きや・・その他、活発に働くようにならざるを得なかった・・
体験する事に心がかかわるからです

ある時
私は昼寝をしていました
すると、突然、隣の部屋が見えて、それも、”私は”
部屋の天井付近から、そこに居る妹を見ていました
「あ、なーちゃんだ!」と思い、私は妹に近づきました
すると妹は、”私”を手で振り払うのです
それで、また近づきましたが、やはり、振り払い
その手が、”私”の後頭部に当たり
「痛いっ!」と感じて目覚めすぐ妹の所に行き、変わった事はなかったか、尋ねました
すると妹は
「大きなハエが突然現われて、私にまとわりついて
うるさいので手で振り払った!」
と言いました
そのハエは、突然現われて、突然居なくなったそうでした
私が
「あれは、私だったのよ!手がハエに当たったやろ?
痛いやない!」・・・・
そう言ったので、妹はポカン?としていました
昔のお話です
今は、笑ってしまうお話です

宇宙の働きの・・神の御心では
ハエも人も同じ生命なんだな~!
そう思いました

愛をこめて

続きを読む »

2014年1月24日 (金)

おもいで・・・・

今日はお天気が良くて、龍王山も霞んでいるけど見えています
母の眼瞼も赤くなっていません
母は、今、気持ち良さそうに眠っています

Pb260012 上の写真は、家のすぐ近くにあります〝関の山〝です
この山は東に位置しています、これは、空気が綺麗な時のものです
(龍王山は、西側にあります)

思い出
私は、まだ小さい時には明け方によく、障子等に
色んなものが映って見えました
それを、ごく当たり前の事に思っていました
それから成長するに従い、こういった事は起きなくなっていきました
ごく普通の少女時代を過ごしたのです
成人して
ある書店でテレパシーの本が目につき、買って帰り読みました
次の日の明け方
私は「わ~!間に合わん!」と言いながら幾人かの人が
走り去っていく物音が聴こえ、その人々の足元が見えました
私は「えっ?何?」と思い目を開けましたら
そこは自分の部屋でした
これが、その後に色んな体験をする始まりです
20代半ばの事です

今日は、この辺で・・
母のドクター往診がありますので準備をします

みなさまも、楽しい午後をお過ごしください

愛をこめて

続きを読む »

2014年1月22日 (水)

今日のできごと

今朝方、私は布団の中で首に汗をかき枕もとのティッシュで汗を拭いていた・・・
そんな事を幾度か繰り返している時・・・
言葉がフッと入ってきた
「今のではいけないよ!・・・・」・・・と
そして
朝起きると台所で朝食の準備を始めました

そんなときに思った事は
”今回の体験で受けている影響のマイナス感覚の、
心の調整をしなければいけない!”物事は、それからだ!って思ったのです
すると心は軽くなりました
この軽い感覚は
これまでの私には、以外に早い反応でした

これまでの、私の経験や経緯は
ぼちぼち表現してゆきますが

今回、何かの変化・・
何かがあるのでは・・・って思っていましたが


夕食の準備をしている時
私は一人の妹の事を浮かべました
姉妹は助け合うものだと思っていましたので
姉の私は出来る限りの事をしたのです


最近、TELで懸命にアドバイスをしていた時に
「その”ものの言い方!”」・・と言われて・・
私の心は飛んでいきました
今日の夕方
”この妹に、私が出来る事はもうないのだ!”
という思いが沸き起こりました
私の、看護師としてのアドバイスは
妹の意にそうものではなかったのです

何かある!そう思いましたが
私は
きっぱりと決心をする気になったのです
これまでの自分の性質とは少し違うような気もしますが
これで良いのかも知れない!と思っています

自分が出来る事はこれまで・・
これからは、母の介護に専念しよう!って・・・
なぜなら、
母の介護をする為に退職したのですから・・・
そう思いますと心が軽くなりました

何をなすにせよ
心の囚われをなくす方が
心が開放されるのでしょう!

続きを読む »

2014年1月20日 (月)

朝の感受

こんばんは!
日々の生活の中では思わぬ事がありますね
私はかなりある方なんですが、書きますとかなり色々あります

Photo写真は、庭の甘夏柑です

昨日の明け方、
「感覚の開放」・・・という言葉を感受したのです
これは、これまでとは少し違ったイメージです
でも
何となくは分かるものがあります

私は、言葉を感受しても、長い間気
にしないで来ました
というのは、
魂の言葉・・と言うのが分からなかったですし
そういう事が理解できなかったからです
でも
少しづつ理解するようになりました

「感覚の開放」・・・
これは、多分、約10年ほど前に
それまで、辛い苦しい経験をした後に
「愛の学級は終了!・・次は理の学級!・・」
という言葉が聴こえました
この時は、さほどの意味を思わなかったです
”私は、これから、物事の理を学ぶのかな?”
なんて思いはしましたが、それを深く思う事はなかったです

それらの”言葉”がどこから何故聴こえるのか?
分からなかったです

今、「感覚の開放」・・と書いていますが
これまでの間には、様々な事がありました

今は、
この言葉を聴き
何かが私に起きようとしている事がわかります
であっても
私の為に良い結果をもたらすだろうとは理解しています
が・・・
予測はしていても、
今日の出来事を思いますと
かなり辛い出来事であるのが感じられ
これらを耐えて、学び得る事が出来るか?・・
今は、
それが課題です

人生には
魂の、人としての、生きる目的というか・・
目標のようなものがあるのですかね
でも
生きている限り
精一杯、
自分の魂と共に誠をもって歩こう!と思います

愛をこめて

続きを読む »